ANSERお客様の会でOpenCanvasについてご紹介させていただきました!

2019年6月14日

2019年6月14日(金)に品川プリンスホテルにてNTTデータ主催の『ANSERお客様の会』が開催されました。ANSERお客様の会はNTTデータのANSERサービスをご利用いただいている金融機関様を対象とさせていただいている会で、弊社のサービスについて今後の展望や追加機能等をご説明させていただいております。

■ 当日の様子

当日は初夏の気温が高い中100名以上の金融機関のご担当者様に出席いただきました。

■ ご挨拶

NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部 事業部長 三谷より開会のご挨拶として、金融機関を取り巻く環境や今後求められる金融サービスについての講演をさせていただきました。

■ OpenCanvasに関する講演

岡村課長代理よりOpenCanvasの全体像に加えてAPI、認証サービス、IaaSの各項目について講演をさせていただきました。
それぞれの項目の概要を簡単にご紹介させていただきます。

API

オープンAPIの普及の現状と普及が促進してこなかった背景と、それに対する弊社の見解を説明させていただきました。また、具体的なAPIの活用事例をエンドユーザー企業への直接的なAPIの提供、自社サービスとの接続、Fintech以外の業種へのAPI提供の3点に分けて説明させていただきました。

認証サービス

OpenCanvasが提供する2種類の認証機能についてご説明させていただきました。
【機能①】金融機関システムと接続するサービスの認証を強化する機能
【機能②】金融機関が保有する口座情報等を使って外部サービスの認証を代替する機能

IaaS

金融機関様の抱える課題であるセキュリティ、可用性、柔軟性の3点を解決するOpenCanvasのIaaSサービスについて説明させていただきました。

■ その他講演の題目紹介

各講演の題目をご紹介させていただきます。

個人分野の取り組み│古沢課長代理
高齢社会におけるお金の見守りサービス│今井課長
法人分野(AnserBizSOL)の取り組み│小針課長代理
法人分野(マルチバンクサービス)の取り組み│菅課長代理
預貯金等照会業務の効率化ソリューション「pipitLINQ」のご紹介│山田課長
外部監査の基準・方式変更│奥住課長代理
不正送金の動向、セキュリティ対策説明│米澤課長代理

■ お客様の反応

質疑やアンケートでは、セキュリティや不正送金対策のついての質問やご懸念事項を多くいただき、よりセキュアな運用の必要性を痛感させられる会でした。

いただいたご意見は今後のバージョンアップの際に反映させていただきます。

■ 今後の展望

今後も金融機関様の期待に応えられるようサービスのバージョンアップおよび新規サービスの創発を行っていければと思います。

Contact

本取組みに関するお問い合わせは
下記までご連絡ください。
株式会社NTTデータ
第四金融事業本部 事業開拓推進室