SAFe (Scaled Agile Framework)

  • ・Scaled Agile, Inc.・NTTデータ共同開催
    SAFe® Program Consultant認定試験付き「Implementing SAFe®」トレーニング
    (2022年4月18日(月)~22日(金)の5日間)
    詳細はこちら
  • ・【リモート開催】SAFe Remote Meetup in Japan February, 2022
    (2022年2月24日実施済)
    詳細はこちら
  • ・SAFe 導入事例シリーズ 第3回「組織をAgileにするためには -SAFeにおける人材育成の実際-」
    (2022年3月22日開催)
    詳細はこちら
  • ・SAFe Basic Webinarについてはこちら

SAFe®とは

速いペースで技術が進歩し、市場が変化し続ける現代において、ビジネス競争に勝ち残るために、組織が環境の移り変わりに素早く対応することが求められています。

組織のビジネスアジリティを向上させ、Digital Transformation(DX)を実現するための手助けとなるものが、大規模アジャイル方法論「SAFe (Scaled Agile Framework)」です。
SAFeはDean Leffingwell氏が提唱したフレームワークで、現在はScaled Agile, Inc.(以下「SAI社」)によって提供・公開されています。

SAFeはその名の通りフレームワークであり、従来の開発手法のようにITシステムの開発チームだけに焦点を当てたものではなく、ビジネス(業務)及び組織経営(ポートフォリオ)のレイヤーにも適用します。

また、大規模アジャイル方法論の中でトップのシェアを誇り、米国では政府をはじめ、Fortune100に名を連ねる企業のうち既に70%の企業で導入されています。

SAFe®の全体像

SAFeでは、組織体制を3つの層に分割(そのうち、PORTFOLIO・LAEGE SOLUTIONの採用は任意)し、各層においてロール・イベント・成果物とプラクティスを定義します。

  • PORTFOLIO

    経営陣・マネジメント層が、組織の戦略やポートフォリオに基づき、プロダクトやソリューションの企画を行います。

  • LARGE SOLUTION

    ESSENTIAL層だけでは対応しきれない大規模のシステムやプロダクトを開発する場合に、複数のプロダクトを統合して、ソリューションを提供するグループです。

  • ESSENTIAL

    複数のアジャイルチームと、そのチームの集合体であるAgile Release Train(ART)で構成される、SAFeの基本的な組織構造です。
    ARTではプロダクトの開発計画の立案、複数のアジャイルチームを連携させたプロダクトの開発の実行管理、及び、開発されたプロダクトの評価とリリースを行います。
    アジャイルチームは、各チームがプロダクトの一部を分担し、開発を行います。

SAFe®を導入した際に得られるメリット

  • 当事者意識 (ENGAGEMENT)

    自己組織化によって従業員ひとりひとりが当事者意識を持つことで、より幸せで高いモチベーションを持つことになります。

  • 市場への投入時間 (TIME-TO-MARKET)

    Lean-Agileなフレームワークにより、価値を市場により早く提供できるようになります。市場への投入時間は 30~75% 短縮されます。

  • 品質 (QUALITY)

    短い間隔でリリースを行い、ステークホルダーからのフィードバックを得ることで成果物の方向性を見失わず結果として、50% を超える欠陥を軽減することができます。

  • 生産性 (PRODUCTIVITY)

    最も価値のあるものを提供し続けることを重視し、無駄なものを作りません。

SAFe®に関するNTTデータの取り組み

  • SAFe人財の育成
    SPC(SAFe Program Consultant)

    SAFeの導入計画や人財育成のためSAI社はSAFe導入コンサルタントである「SPC(SAFe Program Consultant)」という役割及び認定資格を用意しています。
    APCでは38名の社員がSPCを取得しており、SAFeの提案・導入・運用の支援を行っています。(2020年9月現在)

  • SAI社とのパートナーシップ
    Global Transformation Partner

    NTTデータは、2016年9月にSAI社の「Bronze Partner」、2018年6月に「Gold Partner」となり、2020年9月からはグローバルでのSAFeに関するサポート体制を認められ、世界3社目、日本企業初の「Global Transformation Partner」に認定されています。
    (ニュースリリースはこちら

    SAI社からの個別サポートや最新情報の早期提供などを受けているほか、イベント・研修の共催も行っており、SAFeを軸としてお客様のDXを実現するための協力関係を構築しています。

  • GlobalでのSAFeデリバリ体制

    NTTデータグループでは、日本を含む世界14か国のグループ会社に所属しているSPCによるGlobal SAFe Communityを運営しており、SPCを中心に各国のナレッジを蓄積・活用し、お客様のSAFe適用をスムーズに実施可能な仕組みを提供しています。

SAFe導⼊事例シリーズ
(NTTデータ・TDCソフト・NTTデータ先端技術 共催)

新規サービス創出、DXを活⽤した既存ビジネスの拡⼤などを期待し、多くの企業でDXやAgileの取り組みが進んでいます。最初の⼩さな取り組みやPoCでは成果をだせたものの、そこから部⾨横断・組織全体の変⾰を伴うアクションは必ずしも成功しているとは⾔えません。実際、部⾨横断や全社組織変⾰を伴うDXに対してご相談を受けるケースも増えてまいりました。

本セミナーでは、事業やITを牽引される皆様が部⾨横断・企業レベルで変⾰に取り組み、成功に導く活動を⾏う際に経験されるであろう困難とその乗り越え⽅を、事例・ノウハウベースで分かりやすくお伝えしていきます。

スケジュール

日程時間内容お申し込み発表資料
2021年3月18日(木)15:00-18:20ミッションクリティカルサービスへの導入事例で見るSAFeの導入効果とその課題終了こちら
2021年9月10日(金)15:00-17:30SAFe導入の勘所 ~組織変革のためのアーキテクト、ツール~終了こちら
2022年3月22日(火) 15:00-17:20組織をAgileにするためには~SAFeにおける人材育成の実際~こちら-

皆様のご参加を⼼よりお待ちしております。

SAFe Basic Webinar

SAFeに興味があるものの、以下の理由で最初の第一歩を踏み出しづらいと感じている方は
多いのではないでしょうか?

「検索しても出てくるのは英語のページばかり・・・」
「公式トレーニングは複数日程で参加しづらい・・・」

そうしたお悩みに応えるため、NTTデータは、Scaled Agile, Inc.社と共同で、SAFeの基礎部分の解説セミナーをオンラインで開催いたします。

概要

  • ・ 日本人SAFe Program Consultantが、日本語で、SAFeの基礎部分(※)についてご説明します。
  • ・ オンライン(zoom)で無料開催いたします。
  • ・ 過去のセミナーの模様はアーカイブして後日配信いたします。

(※)Essential SAFeにおける「10 Critical Success Factors」を中心にご説明いたします。

スケジュール

日程時間内容お申し込み
2021年1月27日(水)19:00-20:00そもそもSAFeとは?/10の成功因子/「Team」と「Train」終了
2021年2月10日(水)19:00-20:00CadenceとSynchronization/PI Planning終了
2021年2月24日(水)19:00-20:00デザイン思考/バックログ/DevOpsとRelease on Demand終了
2021年3月10日(水)19:00-20:00Inspect & Adapt/IP Iteration/デモによるフィードバック終了
2021年3月24日(水)19:00-20:00Lean-Agile Leadership/SAFeの原則終了

アーカイブ

こちら(youtube)にアップロードしていきますので、適宜ご参照ください。

お申し込み方法

本Webinarは全て終了しました。多数のお申し込み、誠にありがとうございました。

【リモート開催】SAFe Remote Meetup in Japan February, 2022

SAFe®国内事例公演 2022/2/24(木) 19:00~

新規サービス創出、DXを活⽤した既存ビジネスの拡⼤などを期待し、多くの企業でDXやAgileの取り組みが進んでいます。最初の⼩さな取り組みやPoCでは成果をだせたものの、そこから部⾨横断・組織全体の変⾰を伴うアクションは必ずしも成功しているとは⾔えません。実際、部⾨横断や全社組織変⾰を伴うDXに対してご相談を受けるケースも増えてまいりました。

本セミナーでは、事業やITを牽引される皆様が部⾨横断・企業レベルで変⾰に取り組み、成功に導く活動を⾏う際に経験されるであろう困難とその乗り越え⽅を、事例・ノウハウベースで分かりやすくお伝えしていきます。

スケジュール

日程時間お申し込み
2022年2月24日(木)19:00-20:30終了

概要

  • ・ 第26回 Japan SAFe Meetupは、国内事例講演です!
  • ・ 国内最初のSAFe事例である『デジタルCAFIS』を発表したNTTデータがリリースする第2の実装事例:Open Canvas Atelierの事例をご紹介します。 導入と変革を推進した3人のSAFe実践者より、それぞれの視点から、実際の現場で何が起こったのか、ビジネスとテクノロジーの両面から紹介いたします。
  • ・ オンラインによる無料開催です。
  • ・ 詳細はこちら。
    https://www.meetup.com/Tokyo-Scaled-Agile-Framework-SAFe-Meetup/events/283382036/

Japan Scaled Agile Framework® (SAFe®) Meetupとは

SAFe®に興味を持つ方が集まり、知識や考え方を共有し、学びを得る事を目的として運営しているグループです。ミートアップメンバーの方々からの国内事例の講演や、Scaled Agile本社のゲストスピーカーの講演をはじめ、お互いでのディスカッションやミートアフターなど、様々な面からSAFe®を知って頂くことが出来るよう構成していきます。

はじめてご参加頂く方のためにも、毎回冒頭の10分はSAFeや関連する活動についてのご紹介を行っています。ご興味がある方、是非ご参加ください!「SAFeに興味はあるけど、SAFeの事はあまり知らないし…。」という方も大歓迎です。よろしくお願いいたします。

SAFe® Program Consultant認定試験付き「Implementing SAFe®」トレーニング

開催日時

開催日程お申し込み期限キャンセル期限
2022年4月18日(月)~22日(金)
9:00-17:30(5日間)
2022年4月8日(金)18:00まで2022年4月8日(金)18:00まで

主催

  • ・ 株式会社NTTデータ
  • ・ Scaled Agile, Inc.(SAI)

コース名

Implementing SAFe® (対応バージョン:SAFe® 5.1)

概要

Implementing SAFe®では、SAFe®導入の各層について最も幅広いレベルの知見を得ることができます。 リーンアジャイル変革のリーダーを目指す方のためのコースです。 リモート環境で分散したチームを効果的にリードするために必要なガイダンスとツールを得ることができます。 SAFe®における各人の役割を理解した上で、SAFe®による変革を計画・指導することができます。 バリューストリームの特定、アジャイルリリーストレインの立ち上げ、リーンアジャイルポートフォリオの構築などの方法を学びます。 また、アジャイルな製品管理と製品提供の原則を実践します。 組織のビジネスアジリティの達成を手助けするための方法を包括的かつ実践的に理解したい方には、Implementing SAFe®が最適なコースです。

当コースは日米のSAI講師2名が行い、英語による講義中は日本語による同時通訳を提供します。

その他、内容の詳細はオフィシャルサイト(英語)もご参照ください。

学習内容

  • ・ SAFe®トランスフォーメーションをコーチする方法
  • ・ アジャイルリリーストレインを立ち上げる方法
  • ・ バリューストリームを特定する方法
  • ・ アジャイルプロダクトデリバリーによってソリューションを構築する方法
  • ・ リーンポートフォリオを強化する方法
  • ・ SAFe®の実装における各ロールを理解する方法

受講特典

  • ・ SAI社オリジナル教材(英語・PDF)
  • ・ 1年間のSAFe®コミュニティプラットフォームの会員資格
  • ・ SAFe®バーチャルクラスルームによるリモート学習
  • ・ SAFe® Collaborate(ビジュアルオンラインワークスペース)へのアクセス
  • ・ SAFe® 5 Program Consultant(SPC)の受験資格(英語でのオンライン試験合格後、SPCとして認定されます)
    ※受験資格を得るためには、コースの全日程に参加する必要があります。

定員

30名(先着順、最少催行人数は18名)

  • ・ 定員になり次第、受付を終了させていただきます。ご了承ください。
  • ・ 最少催行人数を満たしていない場合は、コースを中止させていただく場合がございます。

推奨前提条件

SPCの資格取得を目指す方は、以下のいずれかの条件を満たすことを強く推奨いたします。

  • ・ ソフトウェア開発、テスト、ビジネス分析、製品やプロジェクト管理に関する5年以上の経験
  • ・ アジャイル開発に関する3年以上の経験
  • ・ 1つ以上のアジャイルに関連する認定資格

参加費

税込407,000円(税抜370,000円)

各種割引
  • ・ グループ割引:同じ日程・コースに同一企業様からのお申し込みいただき、かつ、同一の請求書でのお支払いの場合、3名様以上のお申込みで一名あたり1.5万円、5名様以上で2.5万円割引いたします。
  • ・ SAIパートナー割引:SAIパートナーにご所属の方は、パートナー割引を適用いたします。
ご注意事項
  • ・ 複数の割引を併用することはできません。割引額の一番大きい割引のみが適用されます。
  • ・ お支払方法は銀行振込(月末締め/翌月末支払い)で、研修終了後に請求書を送付させていただきます。
  • ・ キャンセル期限以降のキャンセルは、キャンセル料として全額をお支払いいただきます。

受講方法

Zoomビデオ会議を用いたオンラインでの講義、及び、演習

  • ・ ご自宅・オフィスなどから受講者自身のPCよりZoomにてご参加いただきます。マイク・カメラを利用できるPC環境をご用意ください。
  • ・ 講師・参加者間のコミュニケーションのためのSlack、演習ためのSAFe® Collaborate(ビジュアルオンラインワークスペース)、Google Driveを使用いたします。これらにアクセス可能な、安定したインターネット接続環境をご用意ください。
  • ・ 教材として英語のデジタルワークブック(PDFテキスト)を事前にダウンロードいただきます。
  • ・ 快適に受講いただくため、教材とZoom画面、演習画面を同時に閲覧できるよう、マルチディスプレイ環境または2台のPCをご用意いただくことを推奨いたします。

事前説明会

  • ・ 開催10日~1週間前に、事前説明会を開催いたします。
  • ・ 講師陣からのご挨拶と、使用するツール・教材・通訳音声の聴取方法の事前確認などを行いますので、受講者の方は必ずご参加ください。
    ※説明会へのご参加が難しい方には、後日録画映像を共有させていただきます。

お申込み方法

  • ・ 下記宛先にメールでお問い合わせください。((at)を@に変換してください)
    NTTデータSAFe研修窓口:safe-training(at)kits.nttdata.co.jp
  • ・ 団体でお申込みの場合は、参加される方全員のご氏名を明記してください。
  • ・ 頂いたご連絡先等の個人情報は、当社のプライバシーポリシーに則り適切に管理させていただきます。

講師紹介

Gerald Cadden
Gerald Cadden
Scaled Agile, Inc.
シニアコンサルタント、ストラテジックアドバイザー

ジェラルドは、Scaled Agile Framework® (SAFe®) の独占認定機関であるScaled Agile, Inc.のSAFe® Program Consultant Trainer (SPCT)です。20年以上のITとコンサルティング経験を持つ経験豊富なエグゼクティブコーチとリーンアジャイル実践者として、彼は多くの組織や経営者と協力して組織の変革をリードしてきました。プログラマー、ビジネスアナリスト、ビジネスプロセスエンジニア、リーンアジャイル変革コンサルタントとしての多様な経歴を持つ彼は、組織の変革の旅をうまく成功に導いています。

中谷 浩晃
中谷 浩晃
Scaled Agile, Inc.
シニアコンサルタント、ストラテジックアドバイザー

グローバル企業のチェンジエージェントとして、日本、米国、アジアの国々と連携し世界規模で変革を推進。マネジメントや社内メンバーに対するコーチングやコンサルティングから、変革人材育成のための SAFe®トレーニング開催まで、SAFe®実装の一連のプロセスを実践しリード。日本人初のSAFe®最高位のトレーナー資格を取得。現在、Scaled Agile, Inc.にて、ストラテジックアドバイザーとして、お客様やパートナー企業に対してのSAFe®導入に関するコンサルティングや、トレーナー育成のためのトレーニングを実施し、日本でのScaled Agile Framework普及に向けて奔走中。

Contact

本取組みに関するお問い合わせは
下記までご連絡ください。
株式会社NTTデータ
第四金融事業本部
 金融グローバルITサービス事業部 
事業開拓推進担当